鍛神HMBサプリ

鍛神に副作用が!?本当なのかウワサを検証

筋トレやダイエットを行う人はサプリメントを利用する機会が多いと思います。

現在多くのサプリメントが販売されていますが、その中で最近人気を集めているブランドの1つが鍛神(きたしん)です。

この鍛神は、タレントの金子賢氏がプロデュースしたブランドであり、HMB、プロテインの販売を行っています。

HMBとは、必須アミノ酸のロイシンの代謝産物のことであり、筋肉の成長促進や分解抑制の効果が期待できます。

プロテインとはタンパク質のことであり、筋肉の材料となる栄養素です。

プロテインには牛乳を原料とするものと、大豆をはじめとする植物を原料とするプロテインがありますが、鍛神プロテインは牛乳を原料とするホエイプロテインに分類されます(ただし材料に大豆が含まれます)。

HMBとプロテインは、併用することによってより高い効果を得ることができます。

今回は、この鍛神製品を摂取する際の副作用について解説していきます。

鍛神の評判や口コミ、評価はこちら

鍛神

【調査】鍛神の副作用にはどんなものが?

鍛神を使用したことによって生じた症状について見ていきます。

まず、鍛神製品を使用したことにより体調が悪くなった、体がかゆくなった、発疹が出たなどの口コミがあります。
こうした口コミに関しては、寄せられる口コミの中のほんの数%であり、ほとんどこうしたものはありません。

鍛神を使う人にも体質やその日のコンディションがありますので、100%何も生じないということは言い切れません。

鍛神の副作用を検証!

以下では、鍛神に関しての副作用と考えられるものや、巷で広がっている噂について検証していきます。

まず、鍛神を摂取することで内臓に負担がかかるという噂があります。

鍛神にはプロテイン製品も販売されていますが、このプロテインは牛乳を原料とするものであり、過剰に摂取することで内臓に負担がかかる可能性はあります。

しかし、内臓に影響が出るだけの量は摂取するほうが難しいので、適切な量を摂取していれば、特に内臓に害を及ぼすということはありません。

これに関しては、鍛神に限らず、他のHMBサプリメントでも同様の噂があります。

こうした内臓への影響に関しての噂は、おそらくプロテインの過剰摂取により内臓に負担がかかるという影響がそのままHMBにも伝わってしまったものと考えられます。

HMBを使用する人の多くが勘違いをしてしまっていますが、HMBはプロテインではありません。

プロテインとは、基本的には牛乳を原料とするサプリメントであり、動物性タンパク質は過剰に摂取することにより腎臓や肝臓に負担がかかるという懸念があります。

一方のHMBは、あくまでもプロテインが筋肉の合成に使われるのをアシストする役割のあるサプリメントです。

したがって、鍛神HMBに関しては、摂取することによって内臓に負担がかかる可能性はかなり低いというのが事実です。

その他にも、鍛神を摂取したら息苦しくなったなどの口コミもありますが、実際にはトレーニング後における酸欠が原因であったり、体調が優れない時に飲んで不調を感じたというケースがほとんどです。

鍛神はプロテインもHMBも医薬品ではなく、サプリメント、つまり健康食品です。

もちろん、健康食品でも副作用がないということはないですが、HMBに関しては副作用がほとんどないサプリメントであり、安全性は非常に高いといえます。

体調やコンディションが良くない状態で鍛神を摂取して、それを副作用と勘違いしてしまうケースが多く見られますので、摂取する際には、運動後でコンディションが整った状態等にしましょう。

以下、鍛神に関してのその他の副作用の噂について見ていきます。

→【キャンペーン価格】鍛神の購入はこちらから!

副作用1:お腹が痛くなる!

まず、お腹が痛くなるという口コミがあります。

これに関しては、鍛神を摂取したタイミングが影響している可能性が高いといえます。

例えば、激しい運動をした後では胃腸も疲弊しきっています。

運動で疲れて水などの水分を大量に摂取した状態で鍛神を摂取し、それによりお腹が痛くなったというケースがありますので、必ずしも鍛神が原因でお腹が痛くなるということはないと考えて良いでしょう。

プロテインの場合は、牛乳を原料とするものですので、乳製品を飲んでお腹を壊す可能性がある人もいます。

もし乳製品に対しての耐性が弱い方は、1回の摂取量を少なめにして飲むことでこうした症状も起きにくくなります。

鍛神HMBに関してはプロテインではないので、乳製品でお腹を下してしまうような人が飲んでも問題ありません。

副作用2:吐き気がする

吐き気がするという噂もありますが、これに関してもやはりタイミングが影響している可能性が高いです。

特にプロテインの場合は、運動直後飲むことによって不調を感じてしまうことがあります。

これは鍛神に限ったことではなく、プロテイン全体に言えることですが、激しい運動を行った直後は胃腸も疲弊していますので、ここでプロテインを飲むと気持ち悪くなる可能性があります。

運動直後にプロテインを飲むことが推奨されていますが、あまりに疲れている時や、息が上がっている状態で飲むのではなく、少し呼吸を整えてから飲むことでこうした吐き気も抑えることができます。

また、空腹の状態でサプリメントを摂取することにより、気持ち悪さを感じてしまう人もいます。

鍛神の摂取タイミングについては基本的には自由ですが、胃が空の状態で飲むのは避けたほうがいいでしょう。

副作用3:肌にかゆみを感じる

肌にかゆみを感じるという噂もありますが、これに関しては、HMBの場合はそのような状態が生じる可能性は非常に低く、アレルギーなどの体質的な問題の可能性が高いでしょう。

鍛神と一緒に摂取した食品や飲料が原因で引き起こされる可能性もあります。

プロテインに関しては、乳アレルギーや大豆アレルギーがある場合は、肌にかゆみが生じてしまう可能性はありますが、これは鍛神に限ったことではなく、どのようなプロテインにおいても同様です。

→【キャンペーン価格】鍛神の購入はこちらから!

鍛神に副作用はなし!

鍛神はサプリメントですので、基本的には副作用の心配はありません。

プロテインやビタミン・ミネラルなどのサプリメントは、人によっては副作用を生じさせる可能性があります。

HMBに関しては比較的新しいサプリメントではありますが、研究の段階で特筆すべき副作用はありません。

効果に加えて、安全性も高いという点で、鍛神は非常に優れたサプリメントであるといえます。

プロテインに関しても、アレルギーがある場合を除いては特に問題を引き起こす心配はありません。

鍛神プロテインは品質の高さも特徴ですので、粗悪な成分が副作用を引き起こすという心配はありません。

鍛神は副作用は無いけれど、注意点は?

鍛神には特筆すべき副作用の心配はありません。

しかし、だからといって油断は禁物です。

以下、鍛神を飲む際の注意点について解説していきます。

容量を守るように

まずは、用量を守るようにしましょう。

鍛神HMBは錠剤タイプのサプリメントであり、1日の容量は6錠となっています。

まずはこの量をしっかりと守ることを意識して続けていきましょう。

容量を守らない、特に多く摂取してしまうと、何かしらの症状が生じてしまう可能背はありますので、その点は注意しましょう。

プロテインに関しては1日の必要量は決まっていませんが、まずは1日1杯から2杯にし、それから量を調節するようにしましょう。

アレルギーがある方は気をつける

アレルギーがある方も注意しましょう。

鍛神は、HMBに関してはアレルギー成分は含まれていませんが、プロテインの場合は、乳製品に対してアレルギーがあったり、大豆アレルギーがある場合は摂取を避けるようにしましょう。

鍛神